専門家紹介/刑事告訴・告発支援センター

Site map

専門家紹介

刑事告訴・告発の支援をして頂ける専門家の紹介ページです。
弁護士、行政書士、ジャーナリスト、元警察官、探偵、等の専門家が全面バックアップさせていただきます。


小竹広光(行政書士)
STAP細胞事件他、数多くの告訴・告発事案を手がけている。
TV番組への事件に関するコメント協力や、TV番組制作協力などの他、何度かラジオ番組にも出演し、DV・ストーカー問題などについてコメントしている。
行政書士会での会員向けセミナー講師などの実績もある。
鈴木俊行(元保護司・行政書士)
保護司として法務大臣から委嘱を受け、出所した受刑者や非行少年の更生に尽力を図ってきました。行政書士としても、市民法務部部長・市民相談センター所長・暴力団等排除対策委員会委員長など、数多くの役職を歴任しております。
飛松五男(元兵庫県警刑事)
元兵庫県警の刑事。著書・TV出演番組多数。現職時から警察24時などのテレビの警察密着番組に多数出演。
退職後に被害者相談に乗り、2009年には加古川市で起きた女性教師殺害事件の調査にも関わり、犯人を割り出したため、テレビや出版社の目に止まり、現在は元刑事の経歴を生かしたコメンテーターとして活躍している。
津田哲也(ジャーナリスト)
警察の不祥事や犯罪、弁護士の非行、詐欺・悪質商法、DV・ストーカー事件などの取材記事を週刊誌などに寄稿する他、TV・新聞等では銃器評論家として活躍。映画やドラマ、漫画などの監修も手掛ける。TVの報道・情報番組など出演多数。著書『銃社会ニッポン』(テレビ朝日出版)、『汚名刑事』(小学館)、『脳を食む虫』(マイクロマガジン社/小学館)他多数。
田野重徳(元千葉県警察捜査幹部)
千葉県警察本部捜査第一課に長く所属し、国民を震撼させる凶悪事件、医療過誤事件などの捜査に従事した刑事事件のプロフェッショナルである。
千葉西警察署刑事第一課長を依願退職した後、現在は法務事務所の代表を務め、犯罪評論家・コメンテーターとしても活躍中である。
門脇浩(元大阪府警察捜査幹部)
'79年大阪府警察官を拝命。柏原警察署刑事課長(警部)として退官するまでの31年の警察生活のうち、延べ25年間を暴力団犯罪捜査に従事。80年代に起こった「山一抗争」などを経験しており、現在、刑事法務・民亊法務専門の行政書士として活躍中である。
角掛富夫(探偵)
全国に124のネットワークを持つ総合探偵社ガルエージェンシーの中野駅前の営業所の代表です。
その調査能力の高さから支持を集め、数多くのTV番組に出演し、何度も雑誌にも取り上げられています。

グラディアトル法律事務所

不動法律事務所

木原 輝貴(弁護士)

若林 翔(弁護士)

若井 亮(弁護士)

数多くのメデイアに出演、雑誌などへのコメント掲載の他、裁判員裁判の主任弁護人や詐欺被害金の回収、被疑者の刑事弁護なども行う、刑事事件について精通し、オールラウンドで活躍中の弁護士です。






事務所概要